SSブログ

グループ離脱を受けてジェシカも公式発表。契約満了まで同事務所でソロ活動するのか? [韓国]




*昨日も記事にしましたが、少女時代ジェシカのグループ離脱問題。
SMエンターテインメントが公式発表し、ジェシカのグループ離脱を発表。
これに続き、ジェシカも公式発表しました。


(自身の発表ブランドのPR代理店を通じて発表)
「こんにちはジェシカです。
 私は去る9月29日、所属事務所から少女時代を出て行ってほしいという退出通知を受け、これについて、あまりにも当惑して悲しい心を隠すことができず、私の立場を明らかにしたいと思います。
 
 私はこれまで少女時代のメンバーとして、わたしの個人プライバシーや事業に先立って、少女時代の活動を最優先にしてきました。
 しかし、グループのための私の努力と献身にもかかわらず、私は所属事務所からの、
 ’’グループを去ってほしい。’’という通知を受けました。

 私は前から、個人的に関心が高かった事業を計画して、SMとメンバーたちに事業の準備段階から最近まで数回にわたって事業について十分に議論し、理解を求めてきました。

 8月初めにBLANK事業立ち上げまで、SMから事業並行に同意と許可を受け、メンバーからもお祝いを受けて事業を開始しました。

 しかし、ローンチからわずか1ヶ月後の9月初めにメンバーたちが突然立場を変えて、会議を招集し、その後私に正当な理由なく、
 事業をやめるか、少女時代を抜けるか?
 という要求をしてきました。
 これに対し、SMから許可を受け、その間、少女時代の活動をおろそかにしたことがなく、BLANKローンチから初期1ヶ月にわたって締結された関連事業パートナーとの契約で事業を停止することはできない。
 と説明しました。
 結果的に私は選択することは不当な要求だと訴えました。
 少女時代のメンバーになったことは私の人生の最高の日だったし、やめたいと思ったことはなかったからです。

 以降、戸惑った私は、9月16日、SM代表にあって、上記のような私の立場を伝え、再度事業並行の許可を再確認しました。

 しかし、去る29日、SMから少女時代を出て行ってほしい。という一方的な通知を受けました。
 そのため、中国ファンミーティングにも参加できなくなり、
 今後のすべての少女時代の活動から除外されました。

 私はなによりも、私の情熱と愛情を注いで、15年以上一緒に過ごしてきた仲間のメンバーと会社側の、’’私がビジネスをする’’という理由で少女時代から出て行ってほしいという要求に、あまりにも大きな傷を受けた切ない心境を隠すことができません。

 不本意ながら、ファンの方にもご迷惑をおかけしたこと、申し訳ない気持ちを申し上げます。
 このような状況は、私は決して望んでいたものではないことをご理解お願い申し上げ、私はいつも少女時代を大切にしてきて、これからもそうでしょう。
 いつも私を惜しまず応援してくださって愛してくださってありがとうございます。」


と、発表しました。
・事の発端は、ジェシカの事業立ち上げだったこと。
・ジェシカの事業活動ににSMは許可したこと。
・しかし急に態度が急変し、少女時代から出て行ってほしいと要求された。
・今後の少女時代の活動に参加できなくなった。

ということがわかりました。


SMエンターテインメントはジェシカのソロ活動のマネジメントはすると発表しましたが、
どうなるのでしょうか・・・
ジェシカの契約はあと3年ほど残っています

契約満了まではSMに残るのか。
一部の報道では、NYでファッションの勉強をするという噂もでています。


・・・SM TOWNも少女時代初の東京ドーム公演もまだあるのに・・・
このタイミングで突然の脱退勧告をしたSMエンターテインメントに対して不信感がわきますね。
何よりもジェシカが大丈夫なのか心配です・・・




スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。